ブログトップ

Elephant Vanishes ~music in your head~

tevmusic.exblog.jp

2007年 12月 31日 ( 1 )

Elephant Vanishesの一年とKotaの一年

今年も残すところあとわずかとなりましたね。
みなさんはどんな年越しをしようと思ってますか?
僕はキャンドルでも灯しながらギターを弾こうかと思ってます。w

少し今年を振り返ってみようかなと思います。
今年は本当に濃い一年だったと思います。
バンドがきちんと活動し始めたのも今年からですからね。

自分にとっても濃い1年でした。
いやあー本当に。w
多分前半と後半で分けられるんじゃないかと思います。

前半は「得る」でした。
バンドの初ライブが1月にあったり、大学で良い先生に出会えたり。そしてたくさんの大切な人が身近にいて、話したり接している事ができました。メンバーだったり、当時の恋人だったり、大親友だったり、気心の知れた友達だったり。
本当に幸せな時間を過ごせていたと思います。

後半は「欠ける」でした。
きっかけは、当時の恋人ととのさよならでした。
それをきっかけにしなくても、その後に起こる事は起こったのかもしれないですが、やっぱりそこをスタート地点とおいてしまいます。
恋人との別れから、気心の知れた友達、大親友と
僕の前から欠けていきました。
大切な人々が立て続けに欠けていくのは本当に辛かったです。
状況の変化にもついていけませんでした。
これだけ欠けてしまうともう目の前は新しい世界のように感じるわけです。
でも僕はその新しい世界には行こうとせず、昔の暖かさを求めていました。
しかしそれは、結局自分を傷つけることにもなりました。

自分にとって大切な物がいくつも欠けた時僕は、
沢山自分とお話しました。
そして僕にとってその大切な人たちはどんな存在であったのだろうかを考えてみました。
欠けてしまうとその人たちは、過去になって静止画になるわけです。
だから存在が捉えやすい。

失って気づく事が多いってのはだからじゃないでしょうか?
僕もその一人でした。
欠けてから気づく事の多さにうんざりもしました。

それと向き合う事は涙のいる作業でした。

しかし、
これから自分が生きていく上で何が大切かを見つける事ができました。
いくつか。
その内容については今度会ってお話しましょう
興味があれば・・・

大事な事に気づけた時やっと新しい世界で生きていけると思いました。
自分とお話するのは大切ですよ。
自分の中の中はある程度のことはもうすでに分かっていますからね。

しかし
欠けた人々のことは今でも
愛しています。
だってやっぱり僕にとって大切な存在である事はかわりないですから。
だから愛してます。
でも求めてはいけないんです。求めたら終わりです。
パアです。
新しい世界を愛せないことには、どうにもならないんです。

また欠けた人々と再会できた時、
僕にとっては「初めまして」になるでしょう
僕は新しい世界で生きていこうと決めましたから。


そんなこんなで、両極を経験できた一年でしたね。
でも結局は両極でありながらやっぱり得る事も欠ける事も同時に起こっています。
得ながらも欠けましたし、欠けながらも得ましたからね。得る事も欠ける事もお互いの一部であって、ひとつの世界に包括されて存在しているんです。

本当に濃かった。
その分自分が濃くなった事も確かだと思います。




濃くなった証は音にでていると感じます。
Elephant Vanishesはまだまだ未熟ですが、個々の経験を音で集約して曲を作っていくバンドです。やっぱりその方が音がリアルになりますからね。
ぼくはフロントマンとして、少しではありますが表現できてきたかなという一年でした。歌の大事さにも気づけましたし。

これからもElephant Vanishesは形成されていきます。
暖かい曲達を作っていきます。
そしてみなさんに届けます。
あなたの心の中をくすぐりたいっす!


そんな我々を来年もどうぞよろしくお願い致します!



Kota
[PR]
by mindoftop5 | 2007-12-31 13:55